住む人の心に応えるサカエ建設なら安心して任せられる

家の構造と強さ

一軒家

揺れに対する耐性

日本は地震の多い国であり、国土のそのほとんどが過去に大地震に見舞われています。このため国内で建てられる家は、海外のものと比べて地震に強い家となっています。ただ、現実として地震に強い家というのは漠然としたイメージしか持っていない人も多く、本当の安心を得たい場合にはその家の仕組みを理解しておく必要があります。現在の耐震の目的としては、2段階あり、ひとつは中程度の地震でほとんど損傷しないこと、もうひとつが大地震で倒壊、崩壊しないことです。このため地震に強い家といっても残念ながら大地震では壊れないというわけではなくあくまでも被害を最小限にし倒壊などによって居住者の生命が失われないようにするのが目標となっています一方で地震に強い家では建物だけでは補いきれません。地盤が悪ければ液状化を起こす可能性があり、液状化が起これば地盤が沈んだり隆起したりしますし、崖地に近い場所では揺れによって崩壊するリスクもあります。いくら家が丈夫でも地盤が壊れてしまえば、地震に強い家でも壊れる可能性が高くなります。このため家そのものが地震に強い家であることは大切ですが、地盤も安心できるものであるかが地震に強い家のポイントになります。建物自体としては木造でも鉄骨造でも、また鉄筋コンクリート造でも現在の基準に沿ったものであれば、十分な耐震性を得ることができます。しかし、問題となるのは経年による劣化で、メンテナンスを怠ることで建物の強度が失われ、本来の性能を発揮できなくなる可能性があります。